お花のカタルシス効果

カタルシスとは
精神の浄化作用のことで、
心の中にある鬱積した感情を解放して
すっきりさせることをいいます。

カタルシス効果は、
今から約150年ほど前、
オーストリアの精神科医である
シグムント・フロイトの
精神分析療法において使われ始め、
現在ではよく知られる概念となりました。

私たちも日常において無意識的に
カタルシスを行っています。
例えば嫌なことがあったとき、
周りの人に話してすっきりしたことは
誰しもあるとおもいます。
内面の感情を表現することにより、
感情の解放が起こり、
カタルシスが生じます。

ただ言葉にして外に出せるときはよいけれど
生きていたら言葉にできない
もやもやした感情が
生じることの方が、
実は多いかもしれません。
そういうときは
言葉以外の表現をすることにより、
または表現されたものをみて
共感することにより
カタルシス効果を得ることができます。

わたしはいつも、
受け取る方々の
その時の内面に寄り添うことを考えて
お花を選び、製作しています。

受け取る方が
お花に共感されますように。
心が解放されますように。
癒されますように(カタルシスが
得られますように)。
もやもやを溜め込むことなく、
爽やかな気持ちで
日々過ごせますように。



8月は暑すぎるので、
定期のお客様以外はお休みします。
9月より営業再開いたします。
お急ぎの方はご連絡くださいね。

Fleuriste ville 
フルリストヴィレ
季節のお花と自家栽培ハーブのお店




よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

広島市南区にあるフラワーアレンジメント教室です。
お花のお届けもしております。
季節の新鮮なお花やハーブを取り扱っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる