2月の花の、ストーリー。

2月は一年で一番寒い季節。
寒さに耐えて春を待つ、
春の訪れを待ちながら
静かに暮らす。

活動的に外に出かけるというより、
静かに寒さをしのぎながら
お部屋で過ごす。
そんな季節ではないでしょうか?

お花を通して四季の移り変わりを
味わっていただきたい、
という想いから、
フルリストヴィレでは
その季節の旬のお花だけでなく
季節に寄り添うお花の色を
月ごとに提案しています。

2月のお花の
マンスリーカラーは
紫色。

自然界には少ない色だそうですが、
この季節のお花には、
チューリップ、スイトピー、ヒヤシンス
ラナンキュラスなど、
紫色のものがたくさんあります。

紫色は、赤と青という反対色が混ざった
情熱と冷静さを併せ持ったような
不安定で魅力的な色。
複雑で奥行の深い色。
人によって様々な印象を受ける
色ではないでしょうか?
そんな色のお花が
この季節にはたくさん咲いて
花市場に出回ります。

紫色。
一般的には、上品で高貴な色
というイメージ。
カラーセラピー的には
疲れた心をいやす効果が
色の中でも
最も高いと言われています。
また心だけでなく紫の光は
DNAの損傷を修復するため
体の回復も促してくれるそうです。

写真のお花は
グランワインという品種の
スカビオサと
マルガリータという品種の
チューリップ。

昨日の仕入れで
赤紫の生命力溢れる
生き生きとしたスカビオサの花が、
数ある花の中から
一番に目に飛び込んで
思わず手に取っていました。

紫色には
赤みの強い色味から
青みの強い色味のものまで
幅広くありますが、
2月はその日の仕入れで
もっとも美しいと感じた紫の
お花をセレクトして
皆様にお届けしたいと思います。

静かに春を待つ、
そんな季節には
その季節にしかできない過ごし方を
味わってみることをお勧めします。

2月の空気感にそっと寄り添う、
この季節だけの、
紫色のお花たちに癒されて、
ゆっくりと心と体を慈しみながら
おうち時間を過ごしてみませんか?


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

広島市南区にあるフラワーアレンジメント教室です。
お花のお届けもしております。
季節の新鮮なお花やハーブを取り扱っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる